<< アールカランドリエ企画  日本... 石橋B級グルメツアー >>

「雫」で「涼」をお届けします。

f0163129_2333319.jpg

中川政七商店「粋更」2011年夏のテーマ「雫」

硝子の指輪 雫 ¥3.150 (革袋付き)
風鈴硝子の雫  ¥3.990
を制作しました。
 
f0163129_2310585.jpg

粋更のデザイナーさんに形や色をまとめていただいたものを
何度もやり取りをしてサンプルを作りあげていきます。
今までグレーを使用することはなかったのですが、
ホワイト&グレーの組み合わせは、よいですね。
好きになり、このお仕事キッカケでグレーはバンバン使うようになりました。

ただ、まさか~の事態が勃発でかなり手間取りました。
サンプルの段階では、そうでもなかったのですが、
いざ納品数が決り、量産の段階でいつもの「気泡」がネックになりました。
透明ガラスには細かい気泡が入っています。
制作工程で細かい気泡が集合して巨大化することがあり、
朝、窯を開けるたびにクラクラ~。
温度調節や作り方などを変えながら進め成功率をあげるよう
工夫してみたのですが、結局、数をこなすしかないということで、
ひたすらコツコツ作る毎日でした。
白地にグレーの水玉はたぶん納品数の倍ぐらい作ったかも・・・。

実は「母の日アートギフトショップ」のペンダントはそのお陰で
焼き直してできた作品達です~。

いつもは気泡をあえて入れてるのです。
こんな風に~。
f0163129_23364857.jpg

そんなこんなで、楽しく緊張感のあるお仕事を
させていただきました。

粋更」に行かれる機会がありましたら
どうぞ手にとってご覧くださいませ。

f0163129_23112527.jpg

こちらはカタログに載っている「風鈴」です。
「雫」で涼をお届けしま~す。

今回のお仕事をするきっかけを作ってくださったのが
ボタンズファクトリーの長瀬清美さん。
過去をさかのぼる事〇〇年。
出会ったか、出会ってないのか、すれ違ったくらい?と
いうくらいだったのに、フルネームで覚えていて
おまけに個展のタイトルがガッチリ記憶に埋め込まれていました。
「長瀬清美の極楽部屋 シャンバラルーム」
その後、作品はomoさんの展示会で拝見していたにもかかわらず
あの、長瀬さんとしては認識できず、
一昨年の黒田さかえの展覧会でようやく
ボタンズファクトリーの長瀬清美さんが繋がったというわけです。
お会いした時に、「あのシャンバラルームの長瀬さんでしょ~」と言って
「そう!!」と返事をもらった時には
ほんとにスッキリしました。

人の出会いってどこでどういう風に繋がっていくのか
本当に不思議でおもしろいです。

世間は狭し~。
[PR]
by tonpu-an | 2011-05-06 23:52 | ガラス
<< アールカランドリエ企画  日本... 石橋B級グルメツアー >>