<< 砂糖時光 コモノトリドリ   ~飛んで大阪編~ >>

秋季ベンガラルネサンス特別展 Ⅲ  土の記憶    浅田尚道展

f0163129_22204315.jpg

秋季ベンガラルネサンス特別展Ⅲ

土の記憶  浅田尚道展

◆2014年11月1日(土)~24日(月)
◆10時~16時 (最終日は14時まで)
◆休館日 12日(水)・19日(水)
◆国登録有形文化財西江邸

★作家在館日 9日(日)・10日(月)・24日(月)

●品目 壺・水指・香炉・香合・茶碗・
     花瓶・皿・酒器・ぐい呑みなど50点

サガビーズの友人きっこちゃんから
ご主人の展覧会のご案内をいただきました。
久美浜 兜山の陶芸家 浅田尚道氏の展覧会です。

場所がですね~非常に興味深い所なんです。
奥備中高梁市に400年以上前から
「ローハベンガラ」を生業とする
「西江邸」なのです。

ベンガラ(弁柄)といえば
陶磁器の絵付け等でよく目にしている
酸化鉄赤色顔料です。

古代からベンガラで描いた洞窟の壁画や
神社仏閣の赤もべんがらですよね。

日本画の顔料の岩絵具・ガラス
エンボスに用いる銅版・・etc
鉱物から作られたものに
わたくし・・・
どうやら感応する体質のようです。

鉱山とか聞いただけで
胸がぎゅ~んとなるのは
なぜ?

地底の何か得体の知れないものへの
恐れや湧き出る水の音・・・
胸騒ぎ・・・してきた

ドキドキ!!

そんなドキドキな場所での(私にとっては)
展覧会です。

工業用酸化鉄の出現により
一旦は中止したベンガラは
現在の西江家当主 西江晃治氏と
九州大学との共同研究により
2010年に新たな製法により復興したそうです。

浅田作品にもベンガラを使ってるのね。
木道楽であった十四代目が
明治に建て直した裏座敷
二階に展示されるとのことです。

興味ある方は是非!!

■国登録有形文化財 西江邸
 岡山県高梁市成羽町坂本1604
 tel:0866-29-2805
[PR]
by tonpu-an | 2014-11-08 23:35 | 展覧会
<< 砂糖時光 コモノトリドリ   ~飛んで大阪編~ >>