<< 一歩進んで二歩下がる~季節 キモノーション会場下見へ >>

100年浪漫物語

f0163129_21001207.jpg


今年、わが町は開発100周年を迎えました。
先日「雲雀丘100年フェスティバル」が開かれ
懇親会に出席しました。
東京下町育ちの祖父 三品幸造は
仕事の関係で大阪勤務となり
モダニズム溢れる
この町に居を構えました。
その当時の建物は一部しか
残っていませんが
外観は洋館で中は和風の
和洋折衷な離れで
祖父の部屋でした。
「東風杏TONPU-AN」という名前は
東洋人としてのアイデンティティーと
東から来た幸造さんの事を
意識した「東風」なのでした。
常にどこかで意識し
幸造さんに挑んでいる自分がいます。


[PR]
by tonpu-an | 2016-10-17 21:08 | IROIRO
<< 一歩進んで二歩下がる~季節 キモノーション会場下見へ >>