「ほっ」と。キャンペーン
<< この地の主? 琴欧洲優勝!!おめでとうございます。 >>

何故か、「梅雨時」には、ラフマニノフ

f0163129_21412583.jpg

ラユマニノフ 「ある愛の調べ」








以前、所属していた美術団体の展覧会が東京都美術館であり、6月になると
お墓参りも兼ねて、上京していました。

新幹線の中でのお気に入りの音楽は「ラフマニノフ」や「チャイコフスキー」
外は雨、車中から外を眺めて、浸っておりました。

「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18」大きな渦に巻き込まれていく
身を任せるしかない、ドラマをイメージして3時間弱もあっという間です。

そんな、ラフマニノフの映画があり、彼のいた時代に少し触れてきました。

彼の音楽には豊かな旋律と哀愁に満ちた抒情性があります。
途方もない世界に引き込む魔力に満ちた音楽は、まさに「THE ロシア」です。

ヨーロッパに行った時、機内でふと目を覚まし、上空から見る「シベリア」に
「ここで墜落したら、こわ~」と身震いしました。

こ・こ・怖いけど、魅力的、そんな世界が妙に好き。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-26 22:02 | IROIRO
<< この地の主? 琴欧洲優勝!!おめでとうございます。 >>