カテゴリ:IROIRO( 290 )

夕焼け空に月と金星

f0163129_23441322.jpg
陶芸の帰り道
見上げると
月と金星が夕焼け空にキランと
輝いていました。

もう12月だなんて早いなぁ~!!

今年最後は
日本橋「谷屋」さんで
お世話になります。

私は残念ながら伺えませんが
クリスマスカラーや
キラキラ帯留を
どうぞご覧くださいね。




[PR]
by tonpu-an | 2016-12-03 23:58 | IROIRO

遅ればせながら話題の映画鑑賞

f0163129_23524522.jpg
ようやく、落ち着いていろいろと
やっつけてます。
まずは映画鑑賞!!「闇金ウシジマくんファイナル」
これは一番に見ないといけない映画でした!!
高校生の時、お友達になった男子高校生山口君が
山口雅俊監督!!になっていた~!!
ずーっとブランクがあり、ひょんなことで
繋がり、5月の東京イベントの際には
忙しい中、帯留作品を見に来てくれました。
風の便りにテレビドラマのお仕事をしているとは
聞いていたのですが、ほぼ見てなかったという・・・。
唯一、「ナニワ金融道」は見た!!見てたよ~!!
でも、山口君が関わっているとは知らずに・・・。
テレビ局から独立し映画監督になっていた山口君!!
なので、どんな映画を作っているのか
興味津々!!
あえて予習せず、何も知らない状態で映画館へ!!
CMでよく流れていたこともあって
なんとなく最初は想定内で進み
後半になるにつれ、ホロリとする場面やセリフが・・・。
そしてまさかの大号泣となりました。
泣き袋グサリとつかれてしまったよ~。

高校時代からもうそこの路線は
出来てたよね。
彼の本道をみさせてもらって嬉しかったです。

そして第二弾は「シンゴジラ」
野村萬斎が好きだから~。見る。ゴジラ!!
早口言葉のようなセリフ!!
突っ込みどころは多かったかも。

第三弾は「君の名は」
前世に関しては、20年くらい前に
シャーリーマクレーンの本と出会い
すごく入り込んで夢中になってました。
これを受け入れると、果てしなく広がるんですね。いろいろと・・・
魂の旅はおもしろいんです。すごく。
好きな世界なんだけどな~
しか~し「君の名は」を見た感想は
「フツー」でした。

期待しすぎたかな。

ただ、「君の名は」や「シンゴジラ」は
この時期に発信されることに意味がるような気がします。
ある種のメッセージを受信し
作っているというより
作らされているくらいの感じの流れがあったのでは?
受信側もピカピカに磨いてなければ
いけませんね。

3つの映画をまとめて
これから世の中は、
益々まさかの坂がやってくる
時々、やってくる
サイン・メッセージ・道しるべを
見逃さないように・・・
それぞれの本道を歩いてゆけ。

GOOD LUCK!! 

なんてね~!!





[PR]
by tonpu-an | 2016-12-02 00:59 | IROIRO

雲雀瀧

f0163129_11363991.jpg


ご近所の「雲雀瀧」
画像ではまったく良さが伝わりませんが
個人のお宅にある自然の滝です。

雲雀丘の地名の基となったと伝えられる雲雀瀧。
「雲雀瀧」寺畑村山中にあり。
行基大菩薩に所縁ありと称するものなり。
だそうです。

長年この地に住んでいますが
この滝に関して、まったく初耳でした。
YOUとのお散歩コースでしょっちゅうお宅の横は
通ってるんですよ~。
お宅は和洋折衷で山荘風。
その奥に離れがあり、そこから
四季折々の景色が
眺められるようになっていて
ほんとにステキでした。
自然の形状をそのまま活かしたお庭なのです。

お邪魔させていただいたこの日は
特別にこのお宅の主のお話も
伺うことができました。
とても可愛らしい女医さんは
88歳になられる現在でも週に3日は
現役で診察されているそうです。

最近すっかり体力が落ち
認知症の症状もすこ~し出はじめ
元気のなかった母も
O先生の出会いに大興奮!!
とっても喜んでいました。

月に1回(第4金曜日)「木陰サロン」という自由に
情報交換ができる場所もご近所で発足し、
何かと心強い環境が身近にあるって
ありがたいな~。

地域のネットワーク!!
大事ですね。




[PR]
by tonpu-an | 2016-11-28 12:09 | IROIRO

100年浪漫物語

f0163129_21001207.jpg


今年、わが町は開発100周年を迎えました。
先日「雲雀丘100年フェスティバル」が開かれ
懇親会に出席しました。
東京下町育ちの祖父 三品幸造は
仕事の関係で大阪勤務となり
モダニズム溢れる
この町に居を構えました。
その当時の建物は一部しか
残っていませんが
外観は洋館で中は和風の
和洋折衷な離れで
祖父の部屋でした。
「東風杏TONPU-AN」という名前は
東洋人としてのアイデンティティーと
東から来た幸造さんの事を
意識した「東風」なのでした。
常にどこかで意識し
幸造さんに挑んでいる自分がいます。


[PR]
by tonpu-an | 2016-10-17 21:08 | IROIRO

いざよい

f0163129_22221780.jpg


十六夜の儀式

月に3度の遠吠え

 ワオ~~~~~ン

 ワオ~~~~~ン

   ワオ~~~~~ン!!

   満月にそなえて・・・・


[PR]
by tonpu-an | 2016-09-16 19:19 | IROIRO

まさかの4度目!!宙組エリザベート

f0163129_2225245.jpg

キモノのお仲間があちこち抽選にかけてくれ
ことごとく当たらなかったチケット!!
その時期は、帯留制作やイベント関係に
集中したいために、他力本願~!!
なので、7月の下旬の時点で
手元に何もな~~~い!!

そこで、「いざ!!本気出すわよ宣言!!」
初!!立見席も経験し
運よく宝塚の金券ショップでチケットもゲットし
3度の観劇!!
腹8分目の状態。

その日は、着物のお仲間が観劇の日で
終了後に「エリザベート」を語るために
劇場まで足を運ぶ予定にしていました。

すると開演20分前に電話が入り
手違いで何故かチケットが1枚あまってしまって~
今すぐ来れないか?ということでした。
バタバタと準備をし家を飛び出し
開演を少し過ぎて、着席!!

まさかの4度目観劇となりました。
いやぁ~満腹!!お腹いっぱい!!
こういうこともあるのね・・・。

4度目ともなると
初演のトートやルキーニやルドルフの唄声も
重ねて聞こえてきたり
勝手にアレンジバージョンしてました。

好きな曲、シーン!!たくさんありすぎます。

最後の夜のボートでの
フランツの台詞って難しくないですか?
「どこなんだい?」という短いセリフなんですが
あそこになると奥歯に力が入る~。

真風さんのフランツ~!!
若い頃から老年になるまで
うまく表現されて良かったわ~。
今までのフランツってつまんない男ってイメージしか
なかったのですが
今回はエリザベートを必要とし心から
愛しているというのが伝わり、
トート・エリザベート・フランツの
ラブトライアングルが際立って
大満足でした。

千秋楽までお疲れ様でした。
楽しませていただきました。

東京公演もがんばってくださ~い!!

観劇後にMayちゃんとWさんと遅いランチしながら
あちこちと話は飛びながら
やっぱりジェンヌすべてを網羅しているわけではないので
「おとめ」は必要ってことになりました。
f0163129_22592914.jpg

あのシーンのあの人誰だっけ?とか
あの時のあの役は結局?
今回のエトワールは?って確認事項多し!!

そして
トップ娘役が二人退団発表され
ザワザワしてきました。
トップさんの相手役が誰になるかも
ファンとしては

とっても大事!!

バランス大事!!

またもや「おとめ」必要になるね~。

楽しみです!!
[PR]
by tonpu-an | 2016-08-24 23:13 | IROIRO

フラダンスの夕べ   @高崎記念館

f0163129_1633638.jpg


地元のイベント「フラダンスの夕べ」に
母と行ってきました。

夕方からのゲリラ豪雨のお蔭で
酷暑から解放され
夜風がとっても気持ちよかった~。

一人でどこにでも行ってしまう
行動派の母も最近は
様変わりすることへの対応が
出来ず、お出かけも誰かと一緒でないと
危なっかしい人になりました。

でも、おしゃれしたり
おしゃべりは
大好きなので
洋服選びに時間がかかり
2部からの参加となりました。

フラダンススタジオの
生徒さんや先生の踊りに
ウクレレ演奏・・・。
そして
お酒におつまみで
ちょっとしたリゾート気分です。

この洋館を管理されている
おじさま方と
昔話に花が咲き
母も楽しそうでした。

こちら、高崎記念館は
テレビや雑誌の撮影でも
よく利用されているのですが
最近は「タカラヅカ」の方も
撮影で来られましたよ~ということで
急に話に加わる加わる!!
なんとなんと
宙組の朝夏まなとさんや真風涼帆さんのお名前が!!
早霧さんも?っておしゃってたかな?
雑誌「REVIEW」に掲載されているそうです。

え~~~めっちゃ近くに来られたのね!!!
柱の陰からでも
拝見したかった!!
と別の意味でテンションがあがった夜でした~~~。
[PR]
by tonpu-an | 2016-08-05 16:58 | IROIRO

TAKARAZUKA 宙組 エリザベート2016

f0163129_231046100.jpg


1996年初演のエリザベートを観劇し
ストーリー展開や楽曲の良さに惹かれて
早20年!!
祝20周年!!でございます!!

今回も期待以上に素晴らしい舞台で
大満足でした。

実は、ルキーニは是非!!真風さんでという
希望があったのですが
いやいやどうして、フランツ役が
ハマってとても良いのです。

トート×エリザベート×フランツの
三角関係が
いつも以上に際立った
熱いラブトライアングル!!

ずっと二人の間で揺れ動いていたい~!!的な!!
思いにさせてくれました。

幕間は、こちらで乾杯(一人で)
公演にちなんだ
ハンガリーのトカイワイン!!
食前酒のような味わいのワインで
美味しかった!!
f0163129_23395142.jpg


コチラの画像は
1996年雪組公演
ルキーニ役 轟 悠さま。
ホルンのような低音の魅力に
ハマってしまいました!!
いまだにあの濃い~ルキーニを
超える人はいません。
もちろん今回のルキーニ役の
愛月さんも精悍でステキでしたよ!!
f0163129_23422034.jpg


そして、トート&エリザベートコンビも
言う事ありません。
思う存分突き進みくださいませ~!!
ショーのデュエットダンスは
朝夏さんの長い手足を存分に活かした
最高の決めポーズで拍手喝采!!!!!

「エリザベート愛と死の輪舞」
何回でも観たくなるなる
あるある~
舞台です!!
[PR]
by tonpu-an | 2016-07-27 00:06 | IROIRO

後祭り

f0163129_2251581.jpg

「鯉山」の粽を御返しに
後祭りへ・・・。
前祭りと違い、ゆっくりと巡ることが
出来るので、なかなか良いですよ、後祭り!!

今年の巡行はどちらも
行けなかったけれど
友人の動画で楽しませてもらいました。

あんなに不安定そうなのに
人が乗り、装飾品が飾られることにより
本体は安定するそうです。
毎年、巡行で耐震性を確認してるようなもんなんだって!!

通りを鉾や山が連なっているのを
観ると、やっぱり壮観で
テンションあがります。

で、なんかもう夏が終わったみたいで
さみしい~。
[PR]
by tonpu-an | 2016-07-24 23:06 | IROIRO

ピンポイントに宵宵宵山巡り~!!そして巡行の日の長刀鉾

f0163129_13503749.jpg

それぞれのミッションを済ませ
岩戸山に集合。
鉾にも上がらせていただき
奉納仕舞「天岩戸のカミあそび」を拝見しました。

その後、食い気優先で
大黒屋さんの「鱧天ざる」をいただき
長刀鉾へ!!

今年、新調された
伊藤若冲原画の
綴れ織りの見送り
「旭日鳳凰図」は
絶対、観たかったのです~!!
間近で観ることが出来、
感動ものでした。

f0163129_1421376.jpg

f0163129_1424043.jpg


心配した雨にも降られることなく
祇園祭にハマっちまった
四人組は今年のマイハイライトを
満喫いたしました。

おまけ
前祭り 山鉾巡行 長刀鉾 見送り
photo by 辻寿見
f0163129_14143828.jpg


「千載具眼の徒を俟つ」
私の絵は千年後に理解されるという
言葉を残した伊藤若冲!!
見上げる民衆達を眺めながら
鉾の屋根の上から
ニヤリとしているんだろ~な~!!
ヤラレタ~!!
[PR]
by tonpu-an | 2016-07-17 14:08 | IROIRO