カテゴリ:IROIRO( 290 )

えらいこっちゃの夜 ~鍵の巻~

昨夜の出来事です。


6時ごろ帰宅し、日課の犬の散歩。
YOUをすませ、TERRYの番。
夕食は、昨日作ったカレーを温めなおしたらよいだけなので、余裕で帰ってきました。
いつもの鍵の場所をゴソゴソ・・・・・。

f0163129_1313214.jpg


「鍵がない!!」



そうです。鍵を家の中に忘れてロックして散歩に行ってしまったのです。








他の家族の帰宅時間は、確か10時。
お金も携帯も持って出てないし、
とりあえず、TERRYと共に、待つことにしました。夜の音を聞きながら・・・。
数時間後、帰宅した家族はその日に限って「鍵」を持って出ていなかったのです。

タラ~・・・・。

ご近所のHさんのお宅に家族の携帯を借り、事情を説明してる途中で
携帯の充電マークが・・・・。そして空しくプッツリ切れてしまう・・・・・。
その後、Hさんのお宅に走り、24時間営業の鍵屋さんに電話し
30分後に一件落着~。


疲れた。



f0163129_13525394.jpg


なぜ、家に入れないのか不思議そうに
私を見るTERRY.








f0163129_13544421.jpg

一人(一匹)残された感じで不安そうなYOU.


家族の皆様、犬達、ご近所のHさん、鍵屋さん 
夜分にお騒がせいたしました。

ごめんなさいでした。
[PR]
by tonpu-an | 2008-06-11 13:38 | IROIRO

黒胡麻系

f0163129_234214100.jpg
東京に行くと必ず買うおみやげが
この銀座たまやの「ごまたまご」です。

東京駅にも売ってますし、
その付近にも、あちこち売店を見かけます。

お墓参り(谷中)+用事だけの急ぎ旅ですが、
忘れず買うのだ。







f0163129_23505545.jpg



まぎれもなく、そのまんま玉子の形。









f0163129_23515753.jpg
中心が黒胡麻ペーストになっていて、
そのまわりに黒胡麻餡、
それをカステラ生地が包み、
一番外側が、ホワイトチョコレートで
コーティングされてるお菓子です。









黒胡麻を使ったお菓子はたくさんありますが、
黒胡麻風味の中村屋の 「月餅」 (稲穂の柄)や 岩手の松栄堂の 「ごま摺り団子」 が特に
お気に入りです。

無性に黒胡麻味のお菓子がほしくなる時があり、JR大阪駅にあるお土産屋さんに行って、
買う事がありますが、なかなか「これ!」っていう黒胡麻ちゃんには出会いません。

次なる出会いを求めて、物産展へ、GO~するのだ。
[PR]
by tonpu-an | 2008-06-10 00:11 | IROIRO

気になる場所。

f0163129_1423131.jpg
窓から見える景色。
家々の中に所々こんもりした森のような所が
あります。たいがいは、神社やお寺ですよね。
車ですぐ横は通った事がありますが、
どういう風になってるのか、行ってみたくなりました。


f0163129_1483770.jpg


家から歩いて、20分くらいで到着。
ここは、鴨神社です。
ご祭神は別雷神。(ワケイカズチノカミ)

この周辺は加茂遺跡があったところなので、
はるか昔からこの地を見守り続けてきた神様です。
その名(別雷神)が示すとおり、雷の神で、水神。
農耕神としての性格を持っています。
そして、古来から雷神は水をつかさどる龍神として
想像されてきました。

先日、京都の松尾に行きましたが、
松尾大社のご祭神が大山咋神(オオヤマクイノカミ)。
別雷神(ワケイカズチノカミ)の父神になります。

なんとなく繋がっています。何かが・・・。

松尾大社は中世以降、醸造の神として人々の信仰を集めている神社。
最近、濁酒(どぶろく)が飲みたくなってしょうがないのは、

その何かが影響してたりして・・・ね。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-31 15:13 | IROIRO

「今日の気分」が俳句で届く

f0163129_2343143.jpg
 お昼にしっかりごはんを食べても、お腹がすくなぁ。
 今もお腹すいてるな~と思っていたら、
 まさにそのとーりの俳句が届きました。

 母の友人で92才になるおじいちゃんなのですが、
 なんと、毎日、俳句をハガキに書いて20人くらいの、
 友人、知人に送っているのです。

 最近、風邪をひいて、プッツリ途絶えていたのですが、
 復活!!



 15年くらい前に、体の具合を悪くされた方を励ますために、 俳句を届けるように
 なったそうです。字余りとか、わけわかんないとか、いろいろありますが、
 Y.Gさんらしい俳句は これからも、笑顔を届けていくんでしょうね。

                                
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-30 00:03 | IROIRO

この地の主?

f0163129_22104046.jpg
お散歩コースにある、とある駐車場。
片隅に三角のちょっとしたコーナーがあります。

そこに鎮座されます、百獣の王!!なぜ?

駐車場になる前はどんな風だっけ?
大きな庭のある家だったような・・・・。
なかったような・・・。
以前の景色があいまいで、
その辺りの様子もここ20年で
変わっているために、いまいち思い出せない。




今の所有者の遊び心なのでしょうか?
前からそこにあって、そのまま動かさぬまま、
「主」となっているのか・・・・。

f0163129_22305398.jpg



使命感に燃える、彼の後姿を見ながら、
「ご苦労様でございます。」と言い、
私は立ち去るのでした。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-28 22:31 | IROIRO

何故か、「梅雨時」には、ラフマニノフ

f0163129_21412583.jpg

ラユマニノフ 「ある愛の調べ」








以前、所属していた美術団体の展覧会が東京都美術館であり、6月になると
お墓参りも兼ねて、上京していました。

新幹線の中でのお気に入りの音楽は「ラフマニノフ」や「チャイコフスキー」
外は雨、車中から外を眺めて、浸っておりました。

「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18」大きな渦に巻き込まれていく
身を任せるしかない、ドラマをイメージして3時間弱もあっという間です。

そんな、ラフマニノフの映画があり、彼のいた時代に少し触れてきました。

彼の音楽には豊かな旋律と哀愁に満ちた抒情性があります。
途方もない世界に引き込む魔力に満ちた音楽は、まさに「THE ロシア」です。

ヨーロッパに行った時、機内でふと目を覚まし、上空から見る「シベリア」に
「ここで墜落したら、こわ~」と身震いしました。

こ・こ・怖いけど、魅力的、そんな世界が妙に好き。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-26 22:02 | IROIRO

琴欧洲優勝!!おめでとうございます。

おめでとうございます。
琴欧洲関。

本音は、千秋楽まで、もつれ込んでほしかったのですが
(ごめんなさい)

でもよかった。

気がつくと、ロシアやグルジア・エストニアとヨーロッパ出身が
ゾクゾクですね。

モンゴル・ヨーロッパ・韓国・・・・・・・。国際的~。

ハワイの力士が活躍していた時代が懐かしい。
幼いころに高見山のファンになり
それからずっと外国人力士を応援しています。

わけのわからん日本に来て、日本人でもわからん相撲の世界に
よくぞ、よくぞお越しくださいました。そーいう感じです。

「国にかえれ!!」なんてヤジもあるそうです。

切なくなりますそんな事、言われて・・・・・。

とにかく少数派の味方でいきとうございます。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-25 16:36 | IROIRO

大相撲 12日目 満員御礼

琴欧洲が白鵬に勝ちました。
このまま独走するのか、はたまた、ひきずりおろされるのか・・・。

でも、今日の取り組みは、「変化」ですか?
琴欧洲の「変化気味の作戦」でしょうか。
ちょっと、開いて、飛んで、まわし掴んで押す!押す!
奇襲作戦みたいなものかしら?
「猫だまし」なんていうのもありますよね。
強い力士に対して使って、惑わす。

それを予期して対応しなきゃいけないんでしょうね。
あ~難しい。難しい。

相手があんまり頭を低くしたり、気合が入りすぎたりしてると
変化をしてしまいたくなるようですが、
「変化」した者は、また「変化」に泣くのです。

大関や横綱クラスの力士には変化してほしくないです。


とかなんとか言ってますが、

今日は「満員御礼」よーござんした。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-22 23:02 | IROIRO

座布団が飛ぶ!!

f0163129_0321989.jpg
この写真は、3年くらい前の「大阪場所」です。
確か、朝青龍と栃東戦で、たくさんの懸賞金が懸かってました。
1本6万円で半分の3万円が勝った力士がもらえたと思います。(20本出てたら60万!!)
やっぱり、懸賞金の旗が多いと「うぉ~!!」っと、どよめきが起こり、盛り上がるんです。


f0163129_0383427.jpg

取り組みの最中に、座布団を投げる準備をしてる
お客さんは、
お尻を浮かし、手は座布団へ・・・。
終わった瞬間。

こんな感じで、座布団が舞います。

「危険ですので、座布団は投げないでください。」のアナウンス。
おかまいなしのお客さんです。

f0163129_042465.jpg

どちらにしても、朝青龍の時は、特に盛り上がるような気がします。

この時は、
「栃 ~ 東 ~ の ~ か ~ち~~~~。」



そんでもって、今場所、絶好調の琴欧洲が、朝青龍に勝ち、今日、座布団が舞いました。
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-21 23:49 | IROIRO

大相撲 夏場所

f0163129_21434499.jpg奇数月は大相撲。初日に朝青龍が負けるという波乱がありましたが、
両横綱とも貫禄を見せてくれています。
特に白鵬は横綱っぽくなってきたというか、キレも迫力もあって頼もしくなってきました。

私の応援している「把瑠都」と「黒海」は調子がでないみたいですね。
番付があがって、上位との対戦が中心になるので、馬力だけでは
通用しないのでしょう。
一度、怪我をすると、古傷をかばってなんとなく消極的な取り組みになって
ねばりもなく、あっさり終わってしまうパターン。
でも、連敗7くらいになったら、逆に何も考えず、ぶつかっていってほしいです。

武蔵丸が現役のころは、めちゃ気合を入れて応援してました。
不動明王の真言なんか唱えたり、勝負の神様を祭ってある神社を探して
お祈りしに行ったこともあったっけ。(若かったです。)

今は、気楽に見てます。

春場所(大阪)の時は、見に行ったりしますが、

「何日目に見に行くか!!」 (写真は数年前の大阪場所、)


すごく迷います。御贔屓の力士がいる時は
やっぱりぜったい、見たい。
たまーに、前半戦で怪我しちゃって休場なんてことがあります。
そんな時のために、前半で1回、後半で1回見るのです。
千秋楽で相星決戦なんて、理想ですが、
金曜日あたりで、優勝が決まった日にゃ~。
土曜、日曜のお客さんの立場は~です。気が入らないし、ぜんぜんつまんない。
なので、星のつぶしあいになってくる12日目、13日目あたりが狙いめです。
どっちにしても白熱した対戦が見れるので、すごくおもしろい。
大阪人のヤジもま~すごいこと、すごいこと・・・。

今場所「勝利の女神」は誰に微笑むのでしょう。
ぜひ、ぜひ千秋楽まで盛り上げてくだされ!!
[PR]
by tonpu-an | 2008-05-16 21:23 | IROIRO