カテゴリ:KIMONO( 25 )

夏キモノ   ~芭蕉布~

昨年、友人R子ちゃんから
「お着物を整理したいので、見てほしい。」と・・・。

キラン!!
キラン!!
瞳孔が反応する。

行きます~。とすぐ参上!!一番乗り~。

お母様やご親戚のお着物がずらずら~り。
それも普段に町着として重宝しそうなものばかり。

とてもセンスがよく、
お着物がお好きで、楽しんでおられた様子が伝わる
愛すべきものばかり。

「いいの?ほんとに?今は興味がなくても
いつか着たいって思うかもよ~」と聞くと、

「留袖や訪問着などの必要最小限だけでOKなの!!」
という返事。

それでは・・・。

ギラ~ギラ~と目が光る。

ごっそり、大風呂敷に包んでいただいてしまいました。

その中の1枚。芭蕉布。

f0163129_14282090.jpg


お仕立ては、小田織物さんでお願いしました。
f0163129_14315953.jpg


この夏は、芭蕉布のお着物が大活躍しそう。

R子ちゃん、ホントにありがとう。
着て着て着まくります!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個展のお知らせ&シモーヌライブのお申し込みの詳細は
コチラをクリックお願いいたします。
[PR]
by tonpu-an | 2009-06-13 22:38 | KIMONO

煌く日本映画の女優達vol.2   ~夜の河  ショウジョウバエ~

「夜の河」の中で
山本富士子さんの彼(大阪の大学教授)が
研究している「シウジョウバエ」っていうのが
出てきます。

何もショウジョウバエじゃなくても~。と
思ったら、
富士子ちゃんが作っちゃいました。

「赤いショウジョウバエ」のお着物を・・・。

東京のデパートで展示会をするのですが
そこでモデルさんが着ていたのです。

そう大きくないサイズの赤いショウジョウバエが
白地の着物に、たくさ~ん飛んでいるのです。
アップにしてないので
詳細はわかりませんが、パッと見はハチ風。
かなりたくさんのハエが流れるように飛んでいる図です。
スッキリと綺麗でした。

でも・・・。

お客さん買うかしら・・・。
ショウジョウバエの模様って聞いたら・・・。

ハエ好きかハチ好きはよしと・・する?・・・。

でも、ちょっとマニアックな着物は作ってみたいですね。
ご相談にも乗っちゃおうかな。

こんな「へん」な柄だけど、作ってほしい~とかいう注文。
そういうのもトライしてみたいです。


チャレンジャーなので・・・。
あなたと共に挑戦します!!
[PR]
by tonpu-an | 2008-12-09 00:52 | KIMONO

オモノリ。展示会 ~もりたもとこ&ハシヅメノリコ~その一~

f0163129_2110599.jpg
omoさんと玉のりさんのコラボ展示会。
ポップでモダンでキュートな雰囲気。

どちらを持ってきてもバッチリコーディネート
できそうです。











f0163129_21151775.jpg
二部式帯。
向かって左は、雪だるまちゃん柄です。

お洋服感覚のキモノって感じです。
さりげなく、おしゃれ着で町を
かっぽかっぽどす。











f0163129_21211257.jpg
かっこいい女子!!


















f0163129_21244459.jpg
足元のおしゃれも大切ね。
バックはいくつあってもほしくなる~。


          ~つづく~
[PR]
by tonpu-an | 2008-11-29 21:27 | KIMONO

お彼岸そしてお仕立て

f0163129_2121430.jpg
着物と帯のお仕立てが出来上がってきました。

今回お仕立てをお願いした所は
京都の白生地製造販売卸の小田織物(株)さん。
http://www.eonet.ne.jp/~chaichai/
納期は約20日ということでしたが
帯は10日以内に出来上がっていました。
早い!!ありがたい!!







f0163129_21215230.jpg
途中何本かの帯の柄付けがわかりにくかったようで
説明しに会社に伺ったのですが
白生地屋さんに自分がいる事がなんだか不思議でした。

着物の仕事は昔からつかず離れずでやっていました。
だが、しかし・・・。
まさか、染めるとは~。描くとは~です。
まさかが起こっています。

来年の今頃はどんなまさかがおこっているでしょう。
雅子の真坂道・・・。
つづく道~。
[PR]
by tonpu-an | 2008-09-23 21:39 | KIMONO

オトコマエ ~男の着物~

f0163129_1548255.jpg
雑誌「サライ」で「男の着物入門 夏物編」の
特集記事が掲載されていました。

女性の着物姿は復活してきましたが
東京ではパーティーが多く、おしゃれは着物で
という殿方も増えているそうです。

関西でも阪急百貨店メンズ館に
「銀座もとじ」さんが出店され注目を
集めています。

普段にさりげなく着こなせるのが理想ですよね。




f0163129_1662962.jpg
そんな理想のオトコマエが私の祖父です。
もうずいぶん前に他界しましたが、
着物も三つ揃いのスーツ姿も
カッコイイ!!惚れ惚れ~。

はたまたヨレヨレのパンツでも
インドの修行僧っぽくてステキでした。








f0163129_16235952.jpg









f0163129_16253284.jpg

庭にゴザを敷いて、祖父の作った俳句を大きな声をだして詠んでました。
まったく意味はわかってませんでしたけど・・・。

お盆にはまた、そのカッコイイお姿でお越しくださいませ。
大好きな甘い、甘いお菓子を用意しておきますね。

軸のぶれてない、いい男には、女は後ろでベロを出してたとしても
三歩下がり~の、三つ指つき~の、したくなります。

女は変幻自在の女優でごじゃりまする~。


と、身内の自慢話をごめんあそばせ。
でも「水鏡」は」本当のことを言ってしまう鏡なのじゃ。
怖い鏡なのじゃ~。
[PR]
by tonpu-an | 2008-07-18 22:46 | KIMONO