<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夜のぼちカフェへ

f0163129_1152470.jpg
夜のぼちカフェに清菊さんとおじゃましてきました。

大根やごぼうの入った
根菜カレー(ヨーグルト&サラダ付き)を
ビールと共に・・・。














f0163129_11554456.jpg
デザートにはオレンジバターケーキ
そして、そして今回おハツ!!
ぼちカフェオリジナルのブレンドコーヒー。












f0163129_120505.jpg
おなかペコペコでやってくる方。
ゆっくりとお酒を飲みながら、おしゃべりに花を咲かす方。
その間を取り持って、ジャージャーはいい按配に
お客様のホスト役を務めています。

お料理もデザートもコーヒーも
コウゴさん&あささん&お母様&ジャジャーも
ゲストもまったり、のんびりの夜でした。

次は「飲みます。」モードでいきましょう。

おいしい夜にありがとう~。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-28 23:15 | オイシイ系

帯留   ~お座布団の上で~

f0163129_21164316.jpg

展覧会の時はもちろんですが、
店外催事などコンパクトに見せたいバージョンで
大活躍なのがこのタイプの箱。

f0163129_21203436.jpg

お座布団の上で気持ちよさそうにしています。
f0163129_21221542.jpg

キャリーバックでの持ち運びにも便利。
収納の役目もあるので、ストック用としてもOK。
f0163129_21244622.jpg

こちらのタイプは縦横いけるので、狭いスペースに重宝します。
f0163129_21262646.jpg


今回は50個というご依頼だったので、
ばっちり収まりました。

ほな、ちょっと行ってきます~。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-26 21:36 | 帯留

皆既日食   ~ダイヤモンドリング~

もう2月も終わり。
早いですね。
時間は同じはずなのに、年々加速していくようで・・・。

そこで

ちょっと気が早いですが、5ヶ月後の7月22日。
トカラ列島付近で「皆既日食」が見れることはご存知でしょうか?

実は1995年の10月24日タイで
皆既日食を体験しました。

その年はインド~タイにかけての帯状の地点で見れたのです。

まずバンコクに行き、そこから3時間バスにゆられ
ロッブリという猿で有名な町で宿泊。(あちこちに猿が出没!!)
次の日の早朝にホテルを出発し、チャイバダンの
ウイタヤハイスクールの校庭での観測会です。
f0163129_20103142.jpg

簡単な日蝕サングラスをかけてる地元の少年達。
f0163129_20143141.jpg

徐々に月が太陽に重なり、あたりは暗くなっていきます。
鳥はねぐらに急ぎ・・・。
風がふき~。
気温も下がっていくのです。
金星も見えてきて、昼なのに夜のようになるのです。
昔の人が不吉に思ったのは当然でしょう。
f0163129_20185918.jpg

この状態の時は、直視OK!!
ダイヤモンドリング!!がシャッキ~ン!!と現れました。
マンガのようですが、このシャッキ~ンという音が聞こえるような煌きなのです。
まさに・・・。
まさに・・・。
キラキラ~ンなのです。

神秘的な感動に包まれました。

f0163129_20282773.jpg

この少し前にタイは大雨で洪水状態。
アユタヤ遺跡も水没していました。
f0163129_2030474.jpg

同じツアーには日蝕のおっかけが多数いらしゃいました。
いくら準備しても天候が悪ければ見れないわけで・・・。
いろいろな意味で緊張感のあるドラマチックショーなのです。

今年の日本での継続時間は(太陽が月にすっぽり隠れている状態)
6分半と聞いています。
これってかなり長い~。タイでは2分弱ぐらいっだったもの。
今世紀最大の皆既日食だそうです。

是非お天気になってほしい!!
(部分日蝕は日本全国見えるそうなので。)

ダイヤモンドリングはビュティフ~!!ワンダフ~!!エクセレント~!!
お勧めです~。


※上の日蝕写真は専門家の方からいただいたものです。
  
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-23 01:52 | IROIRO

北野天満宮    ~梅林そして眠り猫~

「老松」さんで五感を十分刺激された3人は梅を見に北野天満宮へ嵐電で移動。
今年の開花はかなり早く、すでに7分咲き。
(平年は3月中旬が見ごろ。今年は特別だそうです。)
f0163129_16262173.jpg

ほんのりと甘い香りがただよっていました~。
梅の花はもちろんですが、枝ぶりも美しいわぁ。

梅林目的の人や受験のお参りのかたで賑う北野天満宮。
ふと屋根を見ると~。
猫ちゃんがちょこんと一休み。

なんだか日光東照宮の「眠り猫」にそっくり!!
f0163129_1631556.jpg

f0163129_16321889.jpg

f0163129_16353535.jpg
←これは、左甚五郎作と伝えられるホンモノの「眠り猫」
向きは逆ですが、似てる~。

こういう偶然に出会うと、得した気分になりますね。



そうそう、京福電鉄(通称嵐電)って一律200円也。
端から端へと行った今日は、よりお得って感じ。


Y子さんお誘いありがとうございました。
そしてお疲れ様でした~。

得々気分の1日でございました。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-22 23:55

お茶会     ~老松にて~

Y子さんのお誘いで「老松」のお茶会へお出かけ。
嵐山老松10時スタートってことは逆算すると8時前の電車に乗って・・・。
お着物で行くとなると、何時に起きたらよいのかぁ・・。
お茶会に不慣れな清菊さんと私の二人は緊張のあまり
早くつき、Y子さんをお店の前で待つ。

お茶会イマイチの3人組。
気楽な会ということで恥をかきにいって参りました。
まずは点心から
f0163129_15291971.jpg

f0163129_15301521.jpg
f0163129_1530389.jpg
f0163129_1530527.jpg

人数が多かったので、私たちは先に点心をいただきました。
お酒もいただきリラックス。
焼きおにぎりに上品なお味のお汁をかけてほっこり。
無作法イマイチ組にはありがたいひと時。
そして
2階でのお茶会をしばし待ちます。
その間、老松の太田社長が楽しい「茶会記」の話をしてくださいました。
それぞれの流派の境界線や歴史的な見解。
かなりマニアックに研究されていて、
目のつけどころがユニークな社長です。
次々出るお話しは玉手箱のようでした。
f0163129_1546349.jpg

f0163129_15463734.jpg

f0163129_1553519.jpg

「春先の鳥」をテーマに流派の垣根を越えての遊び心がうれしい。
お濃茶の抹茶茶碗は、バーナード・リーチ作と濱田庄司作。
民芸マイブームの私にとってはうれしい瞬間。
薄茶では現代美術の作家もの~あの大本教の出口王仁三郎作まで
多種の茶碗が登場~。

煙草は吸いませんが
煙草盆は気になる~。
太田社長だったら、煙管の吸い方も教えてくださりそう。
ご自身も待合で・・・。
かしら。
f0163129_15591599.jpg


若いころは、ただただ窮屈な世界が苦手で、(めんどうな人間関係とか・・・)
お茶の世界って興味はあれど・・・。
及び腰~でしたが、
ようやく
心髄のところに自然に目を向けられるお年頃になってきたようです。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-22 23:21

装い   ~雛祭り~

f0163129_16273674.jpg
早春のこの頃、うす桃色がよく似合います。
これもまた友人R子のお母様からいただいたお着物です。

ほんのりピンク色がたまりません。


















f0163129_16341853.jpg
チラリと見える八掛のローズ色が
またまたビュティフ~なのでございます。



















f0163129_1640160.jpg
藤色のガラスの帯留を
あわせてみました。



















f0163129_1651286.jpg
金の縁取りや地模様もほどよいバランスで、
センスのいいお着物です。

R子~。
R子のママ~ありがとうござりまする~。
今後、この雰囲気を残しつつ、
染め替えに挑戦してみようかと
思案中です。

でも、自分ではやっぱり無理かな・・・。
ぜったい失敗したくないんですもの~。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-18 22:01 | 装い(yosooi)

大神神社 (おおみわじんじゃ)  

f0163129_20363843.jpg

改まって参拝したい時、
特別な日は午前参りです。

大和国一の宮 大神神社(三輪明神)
三輪山をご神体とします。

ご祭神
大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦明神(すくなひこなのかみ)

f0163129_2046213.jpg

20代後半、作品のテーマが「太陽」の時期がありました。
「月」がテーマの時代を経て「太陽」の時代になった時に
神話の世界や神社へと心が動かされていきました。

原始的な信仰の場が生々しく、大神神社から続く
山の辺の道は、古代へとタイムスリップします。

f0163129_20563992.jpg

ご参拝のあとのお楽しみは、
三輪そうめん。
鳥居を出てすぐ右手方向左側に「森正」さんがあります。
f0163129_2163573.jpg

f0163129_2175981.jpg

f0163129_2182373.jpg

しめじ・三つ葉・天かす入りのにゅうめん。
お正月には黒豆がつきます。
それから、柿の葉すしもありますよ~。
f0163129_21123149.jpg

外でいただきますが、火の側はとても暖かく
鳥のさえずりを聞きながらの食事は格別です。
よしずで少々の雨も大丈夫!!
夏も風が通ってきもちよか~なのです。

大神神社から山の辺の道を歩くハイキングコースはお勧め。
のどか~な風景が広がるまほろばなのです~。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-12 21:30

YOUのご挨拶  ~階段にて~

f0163129_2171695.jpg

この場所に彼はよく座っています。
「行ってらっしゃい~」
だったり、
「ごはんまだ?」
だったり、
「早く外に行きたいんだけど・・・。」

下で動きがないと
諦めて私の部屋に引っ込んだり・・・。
また様子をうかがったり~と
彼なりに気をつかっているようです。
f0163129_2194542.jpg

待つ男。
待てる男。
空気がよめる男なのです。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-11 21:20 | DOG

ゆるりと朝食  ~湯町窯のエッグベーカー~

いつもの朝食は「SOLIMENE」の食器。
グンっと元気がでます。
ご近所のK夫人がイタリア旅行でこの食器と出会い、
帰国後、ご自身でも輸入され販売するようになったそうです。
f0163129_22195046.jpg


そして、ゆるりとしたい時や
濃い~コーヒーを飲みたい時は民芸食器。
主役は島根県出雲玉湯町にある湯町窯のエッグベーカー。
幼いころより、親しんできた食器です。
f0163129_2225298.jpg

底にスリップウェアの模様があるのですが、
焦がしてしまって・・・見えない・・。

f0163129_22294669.jpg

バターやオリーブオイルをちょこっとたらし、
卵を器に割りいれ2~3分火にかけます。
火からおろし、待つこと5分。
余熱で半熟目玉焼きのできあがり~。
f0163129_22382622.jpg

民芸ファンにはおなじみの色・形ですよね。
f0163129_2242488.jpg

ちょっとした民芸マイブームです。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-10 23:00

春のあしおと   ~紅梅~

日差しが春めいてきました。
鳥達の鳴き声もうれしそうに聞こえるのはぁ
はる~のせい?

庭の紅梅がかわいく咲き出しています。
f0163129_21251657.jpg

f0163129_21274542.jpg

あなたって、ほんとにカワイイ。
f0163129_21284217.jpg

乙女だわぁ。
f0163129_21291725.jpg

梅にウグイスっていいますが
ほとんどが、メジロなんですってね。

でも、どちらも大歓迎。

もう少しあたたかくなったら、
ウグイスちゃんの美声が聞こえる。
「し・あ・わ・せ」の声が待ち遠しい。
[PR]
by tonpu-an | 2009-02-04 21:37 | 樹木・植物