<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ザ・布団 一筋の道

f0163129_218849.jpg
大好評の「ザ・布団展」
あちこちの新聞に
取り上げられ、
紹介されていました。












f0163129_2110024.jpg
4日目に伺ったので
帯や着物で作ったポシェットやストールは
ほとんど売り切れ・・・。
新たな座布団を夜なべして作ったそうです。














f0163129_21122347.jpg
平川法襌さんです。


お座布団以外にも、
いろいろ作っていただけるようなので
また、ご相談し~ましょっと。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-30 21:16 | 展覧会

谷町線界隈展覧会

f0163129_22581973.jpg
安藤真理子展
銅版画 ”Rabbit Gravity OSAKA"

2010年1月21日(水)~29日(金)
12時~19時

MANIFESTO GALLERY

最初にお目にかかったのは、遥か彼方~のむかし・・・。
吉田磨希ちゃんとのツーショットでした。
二人とも美人ちゃん。
もちろん実力もお持ちです。




現在はカナダ在住。
久々の大阪での個展。
独特の世界観は、さらに磨きがかかっておりました。

このシリーズ。続けてほしい。
うさぎちゃんの引力はどこまでも続く・・・。

明日29日の17時までです。
興味のある方は是非ご覧くださいませ。

安藤真理子 www.marikoando.com


次に楓ギャラリーへ

f0163129_23131148.jpg
栗本夏樹 漆展  ー紙の器ー
2010年1月26日(火)~2月7日(日)
12時~19時 (最終日 17時まで) 2月1日(月)休廊

楓ギャラリー

紙素材に漆を結びつけた作品。
荷作り用紙テープや園芸用のポットなどが
漆器として再生されていました。

オブジェから器まで多種多様の漆ワールドです。
初日ということでお菓子とお抹茶のイベントをされていて
私もご馳走になりました。
お抹茶でほっこり~。
お豆さんの形をした和菓子~おいしかったどぅえす。

飲み物をいただく器は、ちょっと重みがある方が
落ち着く感じがするので
紙の漆器は野外や携帯用で使えるとおしゃれで
いいかもしれませんね。

オブジェの螺鈿細工はやはりキレイ。
漆も一度体験してみたいわぁ。

小さい頃、おもちゃの刀のさやの香りを
いつもクンクン!!

落ち着く香りです。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-28 23:36 | 展覧会

花架拳    ~奉納舞踊~

f0163129_20584621.jpg
展覧会の帰りに御所内をテクテク。

白雲神社が見えてきました。
ご祭神は妙音弁財天と称え市杵島姫命を祀っています。
琵琶を家職とする西園寺家の鎮守さまだそうです。

市杵島姫命は
いつも花架拳を舞うときに意識している水の神様です。
(仏教の弁財天と習合し同神とされています。)
弁財天は音楽や芸術の神として人気がありますよね。






実は、花架拳を舞う理由として、
1.お座敷芸としての一芸。
2.奈良の山奥にある弁財天様を祀っている神社に
  奉納舞踊をする。

自分の中でこの2つを目標にやっていたのです。
1つは友人のホームパーティーなどで、すでにクリア。
もう一つは、まだ実行できていませんでした。
でも、そろそろかも・・・。
やはり人が少ない時期で、雨が降っているのが理想。

ふと、今日・・・。
いいんじゃない~。
これも何かのお導きかも~・・・。

小さな鳥居をくぐっていくと、社務所がすぐそばにあり
灯りが見えます。
そ~か。
見られちゃうわぁ・・・。恥じらい・・・。
お参りだけすませ移動。

しばらくいくと、厳島神社が・・・。
こちらは九条家の鎮守さま。
ご祭神は市杵嶋姫命(イチキシマヒメノミコト)
      田心姫命(タゴリヒメノミコト)
      湍津姫命(オキツヒメノミコト)

チャンス到来!!
池にかかる橋からは丸見えですが、
いざ~~~~~。
失礼いたします。

徐にバックを置き、
キョロキョロ・・・。
お参りをすませ、花架拳を小雨降る中舞いました。
通常6分弱なのですが、ちょっと早送りで・・・4分くらいかしら~。
ひゃ~勝手に一人でドキドキ・・・。
挙動不審・・・。

でもこういう日を待っていたのよ。
私・・・。

興奮覚めやらぬ中また歩き出すと、
宗像神社が・・・。
ご祭神は、またしても市寸島比売命(古事記の表記)
              市杵嶋姫命(日本書紀の表記)
              多岐都比売命(タギツヒメノミコト)
              多紀理比売命(タギリヒメノミコト)

御所内には市杵嶋姫命を祀っている神社がたくさんあるのね。
はじめて知りました。

なぜ自分がこうまで奉納舞踊にこだわるかは謎ですが、
もしかして前世で
すご~くマジメに巫女をやっていたか
めちゃ妖しい陰陽道の儀式を
お公家さん相手にしてたかも~なんて想像して
一人ニヤニヤしていました。

本人大真面目。
でもやっぱり、こんなことしてアホかな・・・。

次はあのお山に行きます。
小雨降る中、また舞わせていただきます。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-27 22:33

寒雨もたのし  

新たなプロジェクトということで
早速、「弘道館」の北尾博史展を見に行ってきました。
f0163129_2065211.jpg

格子戸をくぐりぬけると・・・。
f0163129_2084228.jpg

奥に老松さんの暖簾が見えます。
このアプローチにも北尾作品があるのです。
あまりに馴染んでいるので、行きは見過ごして
しまいました~。
邸宅やお庭に数々の作品が居心地のいい
空間を演出しておりました。
ひととき、風流人気分を味わえます~。

お抹茶とお干菓子をいただいて
ふとお庭に目をやると、妙に色っぽい赤松がくねっております。
ちょっと離れてもう1本。
男松と女松?
向かって左が女松。(勝手に・・・。そう見えました。)幹が色っぽい。
そして右が男松。
下から見上げると枝が炎のように燃えているよう~ですぅ。
どちらも情熱的!!
ギャラリータフの宮崎さんにご案内いただき、
行きは見逃した作品などを探して見つけて~も
楽しいわぁ。


この展覧会と情熱の松に刺激され、予定をすっ飛ばして
寒雨の中、御所内をプラプラ。
f0163129_20242028.jpg

どうだって言わんばかりの存在感たっぷりの木々にご挨拶。
f0163129_20243813.jpg

ずっとこの地で、ちっぽけな人間達を見てきたのね・・。

その後、御所内にて思いがけずのチャンスに遭遇し
念願のあることを実行!!
ただの挙動不審かもですが・・・。
(長くなるのでまたアラタメテ・・・。)

寒雨もたのし・・・。うふふ・・・。
だったのでした。

さてさて、
すっかり冷えお腹も空いた~で
Rojiさんに立ち寄りました。

f0163129_20413516.jpg

ハヤシライス(あまりの空腹に画像はスッカリ忘れました。)に
アデルアッシュ(ビクトル・ユーゴーの次女の名前。狂おしいほどの愛と情熱)と
名の付いたお紅茶をいただき、
余韻にひたる~。ひたる~。
あの赤松も狂おしかったわぁ・・・。
美味・・・。
香味・・・。
あたたか~い。ストーブいいねぇ~。

夏に展覧会でお世話になったスタッフのSさんや
奥様にもお会いでき、よかったです~。
ご馳走様でした。

予定は大幅に変更の日でしたが、
とってもよい日でした。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-26 20:55 | 展覧会

菓子とアート    ~北尾博史 森の部品 元土御門の森~

f0163129_22134698.jpg

弘道館の初春 菓子とアート ー初っぱなー
北尾博史 森の部品  元土御門の森

◎先駆けの展覧会 1月24日(日)25日(月) 10時~18時

◎菓子とアート 初っぱな 2月11日(木)~21日(日) 12時~18時
  会期中呈茶あり(老松製菓子 薄茶 千円 随時)

◎飯後茶事 2月14日(日) 12時・15時 各席10名(限定)
  費用お一人 1万5千円 要予約
  予約申し込みは2月11日まで満席になり次第締め切り
 
  (会期中無休 入場無料)

主宰:弘道館:有職菓子御調進所 老松 ギャラリータフ 宮崎賀世子 伝統文化プロデュース 連

企画協力されているギャラリータフ
宮崎さんよりご案内いただきました。
なにやら「弘道館」という所で
おもしろそうなプロジェクトがスタートしたようです。

遊び心と完成度の高さにいつも驚かされる北尾作品。
奥深き志で感じたい展覧会です。

お問い合わせ先
弘道館 
 〒602-8006
 京都市上京区上長者町通元土御門町524-1
 TEL:075-463-3050(老松)
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-22 22:59 | 展覧会

現在進行形~そして、そして・・・。

f0163129_2322365.jpg

花架拳の新年会の帰り際に見た
JR大阪駅周辺。

真ん中に見える、スロープは屋根?
なんでしょう?

15年目の震災の後ということもあって
大丈夫なのかな~という目で見てしまう。

怖がってばかりはいられないけれど
想定外のことも考えておく必要がありそうです。

そこでよく心配するのが
造成地。

昔、確か池があったはず・・・とか
古墳はどうなったの・・・という所も
すっかり区画されて売り出されている現実。

お散歩仲間で、「こわ~」と言い合ってます。

家を買う時は、しっかり調べたほうがよいですよ~。
その土地の長老とか情報網の地域のお医者さんや散髪屋さんとか喫茶店。
犬の散歩を広範囲にしている人なんかも
けっこう詳しかったりしますのよ。

パソコンには決して出てこない、オフレコ情報が聞けたりしますので・・・。
池の埋立地は要注意です!!

「水をなめたらイカン!!」

ただ、聞かれたらそのことを言うのですが・・・。
実際はスルー。

あんまりピンとこないみたい。

そういう、うちの裏にも水脈が2本あります。
今はひな壇に造成され、水脈もどうなったか???

そんなとこ、たくさんあります~。

GOOD LUCK!!でございます~。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-20 23:35 | IROIRO

ザ 布団展   ~布団職人 平川法襌一筋の道~

f0163129_22213490.jpg
ザ 布団展  ~布団職人 平川法襌一筋の道~

2010年1月25日(月)~30日(土)
11時~18時(最終日 16時)

作家経歴
1938年生
布団職人として50年歩む
現在も川西市にて「ときわや」布団店を営む









陶芸のお仲間 平川さん。
同じ曜日ではないので、お顔を合わす事は
ほとんどないのですが、昨年の「二人展」で
平川さんの陶芸以外の本職のお仕事を拝見する機会があり、
ステキなお座布団の数々に大感激!!
早速、祖母の着物を使って打ち直しをお願いしました。

重くてボロボロだったお座布団がキレイにふわふわ~。
いいもんですね~。(コチラです。)

※サイズや生地によって変わりますが、
 一畳(枚)2千円ちょっと~のお値段です。

ザ 布団  ~布団職人 平川法襌一筋の道~ 
このタイトルにすべてが表現されています。
是非、ご覧になってくださいませ。

◎画廊 シャノワール 阪急宝塚線「川西能勢口」駅下車東出口南へ1分

◎ときわや
  〒666-0053
  川西市栄町9-1(川西郵便局前)
  TEL:072-759-1584

※お店に行かれる場合は、電話連絡されてからの方がいいと思います。
  

  
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-19 23:07 | 展覧会

8年目の冬

f0163129_21282067.jpg

2001年8月14日に生まれ、
2002年の年明けにうちの子になったテリー。

一度目は、毛の色が思っているのと
違うということでキャンセル。

その後、パラボウィルスに感染し生死をさまようが復活!!

元気になったので神戸方面に、もらわれて行ったのですが
ごんたで手に負えないと、二度目のキャンセル~。

三度目の正直がうちでした。

テリーのお散歩をしていると
「やっと安住の地が決まったのね~」と
声をかけられるほど、犬ネットワークでは
ちょっとした有名犬になっていたようです。

f0163129_21354069.jpg

すっかりおっさんの年なのに、
年々甘ちゃんになっていくような気がする・・・。

この寝顔を見てると、ほ~んと
癒されます。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-16 21:41 | DOG

ナニムシ?

f0163129_13541725.jpg

蓮鉢の氷。
この2~3日で2センチくらいの厚みになっています。
メダカちゃん達は底の方にいるので
寒い日はひたすらじ~っとしているようです。

f0163129_1355245.jpg

ふと見ると・・・。
なに?
足が氷にひっついる~。
動けないじゃな~い。
てっきり死んでると思っていたら、生きてた!!
これカマドウマ?マダラカマドウマ?ですか?

氷を割って救出しました。
ほとんど仮死状態に近いかもしれませんね。
葉っぱの下に入れておいたのだけど・・・。

もうダメかな・・・。
でもあの状態で生きてるってすごい。

地面と思って進んでいったら
凍っちゃったうっかり虫でした。

寒い日はお互い気をつけましょう。
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-14 23:09 | イキモノ

黒田真里 展     -recollection-

f0163129_2125723.jpg

2010年1月23日(土)~2月10日(水)
11時~18時 (日曜休廊・土曜17時まで)

コウイチ・ファインアーツ

サガビーズ(嵯峨美⇒現嵯峨芸)の頃からの
友人黒田真里ちゃんの個展。

昔から淡々とした目線で描いた作品ですが、
作者の想いはこの帽子のリボンから
紐解くことにいたしましょう・・・。
思い出の記憶から生まれた数々。
顔料・アクリル絵具

◎KOUICHI FINE ARTS
コウイチ・ファインアーツ
  
  地下鉄四つ橋線「肥後橋」6番出口より徒歩2分
  地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」12番出口より徒歩5分
[PR]
by tonpu-an | 2010-01-12 21:31 | 展覧会