この地の主?

f0163129_22104046.jpg
お散歩コースにある、とある駐車場。
片隅に三角のちょっとしたコーナーがあります。

そこに鎮座されます、百獣の王!!なぜ?

駐車場になる前はどんな風だっけ?
大きな庭のある家だったような・・・・。
なかったような・・・。
以前の景色があいまいで、
その辺りの様子もここ20年で
変わっているために、いまいち思い出せない。




今の所有者の遊び心なのでしょうか?
前からそこにあって、そのまま動かさぬまま、
「主」となっているのか・・・・。

f0163129_22305398.jpg



使命感に燃える、彼の後姿を見ながら、
「ご苦労様でございます。」と言い、
私は立ち去るのでした。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-28 22:31 | IROIRO

何故か、「梅雨時」には、ラフマニノフ

f0163129_21412583.jpg

ラユマニノフ 「ある愛の調べ」








以前、所属していた美術団体の展覧会が東京都美術館であり、6月になると
お墓参りも兼ねて、上京していました。

新幹線の中でのお気に入りの音楽は「ラフマニノフ」や「チャイコフスキー」
外は雨、車中から外を眺めて、浸っておりました。

「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18」大きな渦に巻き込まれていく
身を任せるしかない、ドラマをイメージして3時間弱もあっという間です。

そんな、ラフマニノフの映画があり、彼のいた時代に少し触れてきました。

彼の音楽には豊かな旋律と哀愁に満ちた抒情性があります。
途方もない世界に引き込む魔力に満ちた音楽は、まさに「THE ロシア」です。

ヨーロッパに行った時、機内でふと目を覚まし、上空から見る「シベリア」に
「ここで墜落したら、こわ~」と身震いしました。

こ・こ・怖いけど、魅力的、そんな世界が妙に好き。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-26 22:02 | IROIRO

琴欧洲優勝!!おめでとうございます。

おめでとうございます。
琴欧洲関。

本音は、千秋楽まで、もつれ込んでほしかったのですが
(ごめんなさい)

でもよかった。

気がつくと、ロシアやグルジア・エストニアとヨーロッパ出身が
ゾクゾクですね。

モンゴル・ヨーロッパ・韓国・・・・・・・。国際的~。

ハワイの力士が活躍していた時代が懐かしい。
幼いころに高見山のファンになり
それからずっと外国人力士を応援しています。

わけのわからん日本に来て、日本人でもわからん相撲の世界に
よくぞ、よくぞお越しくださいました。そーいう感じです。

「国にかえれ!!」なんてヤジもあるそうです。

切なくなりますそんな事、言われて・・・・・。

とにかく少数派の味方でいきとうございます。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-25 16:36 | IROIRO

水 滴

f0163129_1455492.jpg
朝から、雨模様。
水滴が光り、宝石のようです。
風に葉っぱが揺れて、水面に落ちる雫の音。


花はもちろんですが、蓮の葉も魅力があります。
その形が好きで陶芸でも、
ずいぶんたくさん蓮皿を作りました。

f0163129_1535088.jpg





「象鼻杯」
象が鼻を上げている姿に似ているところから
名づけられたそうです。
中国古代(紀元3世紀頃)の消夏飲酒法。
蓮の葉にお酒を入れ、葉の中心に穴を開け、
茎の先端から酒を吸って回し飲みします。
一人が飲むと茎の先端を切って次の人に回します。



f0163129_1510359.jpg

草津市立水生植物公園みずの森で、
飲んだことがありますがけっこう吸う力がいるんです。
あんばいがわからないので、急にヒュっとお酒が入っくるの。

酔いますよ~。





実際には茎も太くて葉も大きくなくっちゃ、吸いにくいですね。きっと。
うちのこの蓮では無理だと思いますが、機会があれば、おためしくださいませ。



茎は蓮根と同じように穴があいてます。その味はちょっと青臭い「蓮酒」
中国のお酒でトライしてみるのもいいかもしれませんね。

蓮池に舟を浮かべて、象鼻杯。バックには二胡や琵琶の音色。
そんな光景が浮かんできます~。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-24 21:07 | 蓮・水生植物

芍 薬

f0163129_14483024.jpg
なんというボリュームでしょう。
次々と開花しました。

Paeonia(パエオニア・ペオニア)は、
ギリシャ神話の医「Paeon」の名に由来する。
Paeonは、オリンポス山からきた
シャクヤクの根によって
黄泉(よみ)の国王「プルートー」の傷を治した。
シャクヤクは死者の国の王の
病も治すほどの万能薬ということで
漢方薬の中でも極めて重要な植物の一つ。



f0163129_1456260.jpg

プルートー
現代西洋占星術では、冥王星の守護神とされる。

明日の予報は雨、花びらが散るころには、
梅雨の足音が聞こえてきそうです。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-23 14:59 | 樹木・植物

大相撲 12日目 満員御礼

琴欧洲が白鵬に勝ちました。
このまま独走するのか、はたまた、ひきずりおろされるのか・・・。

でも、今日の取り組みは、「変化」ですか?
琴欧洲の「変化気味の作戦」でしょうか。
ちょっと、開いて、飛んで、まわし掴んで押す!押す!
奇襲作戦みたいなものかしら?
「猫だまし」なんていうのもありますよね。
強い力士に対して使って、惑わす。

それを予期して対応しなきゃいけないんでしょうね。
あ~難しい。難しい。

相手があんまり頭を低くしたり、気合が入りすぎたりしてると
変化をしてしまいたくなるようですが、
「変化」した者は、また「変化」に泣くのです。

大関や横綱クラスの力士には変化してほしくないです。


とかなんとか言ってますが、

今日は「満員御礼」よーござんした。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-22 23:02 | IROIRO

座布団が飛ぶ!!

f0163129_0321989.jpg
この写真は、3年くらい前の「大阪場所」です。
確か、朝青龍と栃東戦で、たくさんの懸賞金が懸かってました。
1本6万円で半分の3万円が勝った力士がもらえたと思います。(20本出てたら60万!!)
やっぱり、懸賞金の旗が多いと「うぉ~!!」っと、どよめきが起こり、盛り上がるんです。


f0163129_0383427.jpg

取り組みの最中に、座布団を投げる準備をしてる
お客さんは、
お尻を浮かし、手は座布団へ・・・。
終わった瞬間。

こんな感じで、座布団が舞います。

「危険ですので、座布団は投げないでください。」のアナウンス。
おかまいなしのお客さんです。

f0163129_042465.jpg

どちらにしても、朝青龍の時は、特に盛り上がるような気がします。

この時は、
「栃 ~ 東 ~ の ~ か ~ち~~~~。」



そんでもって、今場所、絶好調の琴欧洲が、朝青龍に勝ち、今日、座布団が舞いました。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-21 23:49 | IROIRO

夏も近づく~「蚊」の季節

f0163129_21375851.jpg
夕方に、庭掃除をしてると、やってくるのです。アイツが・・・・。
今年は、いつもより涼しかったので、
「蚊」のご登場が遅いような気がしていましたが、
ついに、来ました。
f0163129_21425143.jpg





2匹の「蚊」対策のために、今日、動物病院へ行って、
血液検査をし、フィラリアの薬をいただいてきました。
1ヶ月に1回、11月くらいまで飲ませます。

混んでました。

f0163129_214868.jpg

病院が苦手なYOUはぐったりです。

以前は、だいたいの犬が
フィラリアにやられて、
10歳くらいで旅立っていきましたが、
このお薬のお陰で、長寿になりました。f0163129_2203174.jpg




愛されるために生まれ、
うちに来てくれた、YOU&TERRYです。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-05-19 22:05 | DOG