今日の椰子の木

f0163129_2047886.jpg

暑い一日でした。

屋根屋さんはひたすら黙々と着々と
作業を進めていきます。

日が傾くと、少し風がでてきました。

椰子の木と雲を見ながら散歩するのが大好きです。
この地域は、桜に力を入れてますが、
私は、棕櫚&椰子の木派です。日本じゃないみたい~。

この木(二代目)にはすごく思い入れがあって
朝起きて、「おはよう」 そして「行ってきます」 
帰ったら「ただいま」 寝しなに 「おやすみ」の挨拶をしています。

初代「椰子の木」からずっとです。
初代の話は、またいずれというと事で、明日も「屋根屋さん、がんばっておくれやす!!」

      
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-17 21:09 | 樹木・植物

今日の蓮

f0163129_2081970.jpg
今日は2輪、咲きました。
昨年は、肥料を特に入れてなかったので
なんだか、ヒョロっとした花が1輪、
やっとこさっとこ、咲いたって感じでしたが
やはり、肥料ってすごいですね。


肥料を入れてしばらくすると
藻やら、苔みたいなへんなのが出現してきます。
それを、マメに取り除いていきます。

後からわかったことですが、
肥料は、茎からさけて埋めるそうです。
知らなかったもんだから
そんなこと関係なく入れちゃってました。




購入して2年目の夏を迎えます。お店の方が、株分けしないと
花が小さくなるっておっしゃってました。

来年の春には、株分けに挑戦してみましょう。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-17 20:26 | 蓮・水生植物

クモのはなし ~ 夢編 ~

f0163129_14523474.jpg

幼いころ、怖い夢を見ました。
その当時、8畳のお座敷の真ん中に布団を敷いて寝ていたのですが
まわりに、大勢の人の気配があり、ヒソヒソと話し声も聞こえます。
一番近くにいた2人が(座った状態)私を見下ろしてなんだかしゃべっています。

怖くなって、布団からぬけ出し、母が寝ている部屋にいって
布団にもぐりこみました。

朝になり、戻ってみると、
お腹に白い袋をかかえた母蜘蛛が・・・・。
白い袋はたまごで、ぺしゃんこ。
布団のまわりには子蜘蛛がわんさか~。ひぇ~!!。

蜘蛛の子を散らすようにっていいますが
おびただしい数の子蜘蛛に目がテンです。

そこで産みたいから退いてほしかったのでしょうか。
なんだか、母の強さを感じた不思議な夢でした。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-16 23:11 | IROIRO

クモのはなし ~ 帯編 ~

f0163129_141969.jpg
メールの最中にふと上を見ると、
でっかいクモが壁に・・・。
小さいころは、足をひろげると
10センチくらいある
クモが普通だったのですが、
最近は大きくても5センチくらいでしょうか。
久々に横綱クラスのクモを見ました。



たぶん今、屋根を修理していて,職人さんがドッタンバッタンすごい音がしているので、
「寝れないじゃないか!なんじゃ、この音は!!」と言いに屋根裏から出てきてたりして・・・。





f0163129_14112096.jpg

「クモ」といえば、リサイクル着物のお店(プレタ着物や悉皆も取り扱っているお店)
に週3日通ってた時のお話です。

お隣の別の着物屋さんが黒地にブロンズ色のクモの巣柄の帯を
ディスプレーされて、その帯を見ようと、前の店の和装小物のTさんが見に近寄って
来られたんです。ちょうどその日に、偶然「クモ」柄の京袋帯が納品されてたので
「Tさ~ん。今日、入荷したクモの帯があるのよ~」と棚から出して
お見せしたら、「やぁ~。いいわぁ~。すてき~」ってことで
一目ぼれされて、即、お買い上げ~まいどあり~状態になりました。

ベースは白で腹の部分はシルバーの「雲」っぽい抽象的な柄。
お太鼓の右5センチ内側に、ずーっとクモの糸がたれ先まであり、クモがいて
手先の部分に蝶の刺繍がされたとても品のよい帯でした。

つまり、帯を締めた段階で、「蜘蛛&蝶」が大接近となる
デンジェラスな帯なのです。

「蜘蛛柄」は大正から昭和初期に芸者さん達の間で流行した柄だそうで
「よい男(パトロン)が引っかかりますように」という意味があったそうです。
「物を集める意に通じる」っていうのもありますし。

私も気に入ってたので、ちょっと残念なような気持ちもありましたが、
やっぱり、出会いですよね。Tさんとこにいく運命になっていたんでしょう。
Tさん、いっぱい、いいこと、ありますよーに。

でも、でも、
その話を着物コンサルタントのYさんにお話したら
「あ~あ逃しちゃたね。」と言われてしまいました。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-16 22:47 |

オープンキャンパス~京都造形芸術大学~

f0163129_21342480.jpg
梅田に向かおうと電車に乗ると、
なんだか目立つ車内広告。

秋元康プロデュースの
京都造形芸術大学の
オープンキャンパスポスターでした。

こちらから見る限り
ズラズラっと全部このポスター。








リリーフランキー   村上隆    布袋寅泰
AKB48        和田秀樹   茂木健一郎 
他サプライズゲストのトークショー&ライブ。

一般参加もOKですべて無料だなんて、太っ腹でござんすね。
以前から有名な方を迎えておられましたが
今、「旬」な人を集めちゃってます。

学長が 千住 博で 副学長が 秋元康 かぁ。
外部からの人がたくさん入ってると、派閥とかしがらみがなくって
おもいきったことができるんだろうな。

でも、主役は学生。本人次第ですからね。

私は・・・。卒業してから、エンジンがかかったタイプです。

嵯峨美卒も多方面でみなさん活躍されてますよ~。
嵯峨芸(今はこう呼ぶんだっけ)も、がんばれ~。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-15 22:19 | IROIRO

夏の帯留

f0163129_2244780.jpg

                             ガラスの帯留  by 東風杏
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-12 22:11 | 帯留

北尾家の展覧会

f0163129_23354575.jpg
北尾家の展覧会

森の部品ー堺町の森ー

2008年7月11日(金)~16日(水)
夕方5時~8時頃迄


彫刻家 北尾博史さんの展覧会です。
彼の生家である、堺町の町屋(元呉服屋さん)が
この期間ギャラリーになります。

棚の上や、縁側の隅や中庭などに森の部品たちが
ちょこんとお客様をお出迎えしていますよ。


ほっとできる、居心地のよい空間になっていました。

この町屋も秋には建替えが決まり、
祇園祭のこの時期に思い出のつまった家と作品を
公開することになったそうです。


お問い合わせ
ギャラリータフf0163129_23551378.jpg



いい時間になってお腹も空いてきました。
ちょっとビールでも飲んで帰ろっと。

やっぱ夏は鱧でしょ。
北尾家からほど近くの
大黒屋さんで鱧天ざる(鱧・いちじく・ししとう)
と生ビールでぐいっと〆ました。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-11 23:55 | 展覧会

祇園祭  -鉾建てー

染めの作業後、彫刻家の北尾博史さんの展覧会へ。
その前に ちょっと祇園祭の空気を感じに御池から
ジグザグ歩きで四条烏丸へ。

f0163129_2191691.jpg
鉾建てが始まっていました。
1本の釘も使わず、縄だけで結いあわせる
「縄がらみ」で組み立てられていきます。













f0163129_21165394.jpg
たおした状態で櫓を組みたて、手動でロープを引いて建てます。
木のきしむ音がして、少しずつ起き上がっていきます。










f0163129_21213779.jpg





f0163129_21275835.jpg

月 鉾

f0163129_21303294.jpg

函 谷 鉾
豪華なゴブラン織の前掛けなどに目がいきますが鉾頭や榊も、それぞれに特徴があっておもしろいです。




f0163129_21394526.jpg

長 刀 鉾
常に先頭を行く鉾。
稚児が乗り、2人の禿(かむろ)を従えます。位を受けた稚児は、神の使いとなるそうです。
しめ縄を切る場面は有名ですが、しめ縄は神域との結界を意味し、結界を切って
鉾が進むことができるそうです。
ひとつ、ひとつ意味があり、知れば知るほどおもしろく、はまっていくんですよね。

このあと、車輪がつけられ、前掛けやら、なんやらかんやら飾られていきます。
完成まで3日かかる大仕事です。
[PR]
# by tonpu-an | 2008-07-11 23:33 | IROIRO